オススメ特集

一覧を見る



▼店長おすすめ本

注目の本をピックアップ!

新刊 7/20~26発売! 301冊

新刊一覧

ビジネスの新刊一覧

趣味・実用の新刊一覧

学術・学芸の新刊一覧

  • 週別日別

各ジャンルのランキングはこちら

  • 「先進国」日本で、貧困が社会問題となっています。2016年にユニセフがまとめた報告書によると、子どもがいる世帯の所得格差は、日本は先進国41カ国中34位。公立学校の児童・生徒数の約6人に1人が、学用品や給食などの費用の援助を受けているなかで、高級住宅街に1カ月20万円の保育料がかかる保育園が開設されたりしています。

    なぜ、このようなことが起こっているのか。佐藤優さんの解説をもとに考えてみます。2016年、タックスヘイブンを利用した世界中の富裕層による蓄財が話題になりました。このことから私達は、資本がひたすら利潤を増やすことを善とする資本主義というものが、必ず格差を生み出すという事実に直面させられました。とはいえ、日本はこれまでもずっと資本主義社会だったにも関わらず、一昔前まで格差は社会問題ではありませんでした。

    その理由は、東西冷戦時代は、日本を含む西側諸国においても共産主義の影響力が強く、きちんと貧困対策をしないと、革命が起こってしまうという危機感が政府にあったからです。いまでは想像もつきませんが、確かに30~40年前には、安保闘争やベトナム反戦運動が盛んで、左翼勢力によるあさま山荘事件や連続企業爆破事件などがありました。こうした共産主義の脅威がなくなったいま、日本を含む西側諸国は資本主義を突き進み、結果として格差が広がってきているのです。

    佐藤優さんは、今日の格差社会の状況が、明治後期から昭和初期に活躍した経済学者・河上肇が『貧乏物語』の連載を開始した時代と非常に似ているといいます。いま、100年前のベストセラー『貧乏物語』を読む意義は非常に大きいという問題意識のもと、佐藤優さんの現代語訳に解説を付して1冊に編集されたのが本書です。

    河上肇『貧乏物語』は、先進国において貧困問題が加速していた現実を受け、「人はパンのみで生きるものではない、しかし、パンなしでは人は生きられない」を前提とし、いかに貧困問題を解決していくかを考察したものです。1916年9月から12月まで断続的に大阪朝日新聞に連載され、翌年に1冊にまとめられて出版されると一大ブームを巻き起こし、30版を重ね、文庫は40万部以上売れたといわれています。

    議論の詳細は本書に譲りますが、河上肇は、貧困問題が起こる原因について、多大な購買力を持つ富裕層の需要に応える事業に、投資が偏り過ぎているからだといいます。確かに、私達も仕事をしていれば、自らの利益を確保するために、お金がある人にいかに高く買ってもらうかを考えると思います。贅沢品ではなく、生活必需品など庶民の需要に応える事業への投資を呼び込むための、何らかの方策は不可欠でしょう。貧乏は、本人の努力不足の結果ではなく、社会構造の問題なのです。

    現代は、資本がひたすら利潤を増やすことを善とする資本主義が先鋭化し、そのため格差が大きくなっています。先鋭化する資本主義に乗っかって、自らの利潤のみ追求していくのか、社会の安定のために寄与するような行動をとるのか。現代の資本主義社会をどう生きていくか、深く考えさせてくれる1冊です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年06月16日
  • 匿名希望
    ためになる本です。
     このレビューを書いた時点(2017年7月24日)現在でもビッグ4(2人は脱落した感じも有りますが)がかなりインパクトのあるテニス界。錦織クラスがぼろ儲けクラス(世界ランク10位以内で考慮)でなければプロになる魅力はないと言いきれてしまいますが、さすがにそれほどではないものの、生活が楽になると思われる水準が世界ランク100位以内(悪くても250位前後)であるならテニスのプロになる道を歩み始めるのはかなりリスクの高い世界と言えます。
     サッカーだったらクリスティアーノ・ロナウドほどでなくても日本のトップクラスで大金が稼げます。また、プロになるまでに使うお金も割と少なくてもすみます。(テニスと比べて)しかも、テニスの競技人口はサッカーの10分の1よりも遥かに多いようです。
     そうすると、プロになるリスクも考えなくてはいけません。我が子に才能が有るのか無いのか?早く決断を迫られるスペインの制度の方が大多数に位置する敗者にとって幸せな事かもしれません。(路線変更が容易な為。)
     楽しい話よりも厳しく辛い話が多いですが、本気でプロを目指すならじっくり読んで吟味する必要が有ると思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年07月24日