心を殺す方法 (2)

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

犯される義兄。弟に汚され、脅され、何度も抱かれる。「無理 もう 壊れる」両親の旅行中に、10歳も下の義弟・光(ひかる)に強姦された春樹(はるき)。「気が済むようにさせてやった」と自分に言い聞かせるも、全身を這う光の手を思い出すと、普通の日々は戻ってこない。そんな春樹の変化に気付いたのは、職場の先輩・英(はなぶさ)。春樹は、気持ちを和らげてくれる英が好きだと自覚する。しかし、光は「親にバラす」と春樹を脅し、恋人気取りで常習的に関係を強要するように。抵抗する気力も奪われた春樹は、英を思い浮かべながら光に抱かれるようになる――。「言えない。義弟に犯されたなんて。軽蔑されるのが怖い。」 愛憎極まる義兄弟のインモラルドラマ、目が離せない第2巻!

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

犯される義兄。弟に汚され、脅され、何度も抱かれる。「無理 もう 壊れる」両親の旅行中に、10歳も下の義弟・光(ひかる)に強姦された春樹(はるき)。「気が済むようにさせてやった」と自分に言い聞かせるも、全身を這う光の手を思い出すと、普通の日々は戻ってこない。そんな春樹の変化に気付いたのは、職場の先輩・英(はなぶさ)。春樹は、気持ちを和らげてくれる英が好きだと自覚する。しかし、光は「親にバラす」と春樹を脅し、恋人気取りで常習的に関係を強要するように。抵抗する気力も奪われた春樹は、英を思い浮かべながら光に抱かれるようになる――。「言えない。義弟に犯されたなんて。軽蔑されるのが怖い。」 愛憎極まる義兄弟のインモラルドラマ、目が離せない第2巻!

平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

書籍一覧2冊の書籍

ユーザーのレビュー

(5.0)

投稿日:2016年09月18日

心を殺すと書いて…。

春樹を慕う10歳下の美しい義弟、光。春樹が慕う学生時代の先輩であり上司の英。人の心の在り方の妙を上手く描いている作品。その容姿から望まない好意を寄せられ、日々、心が疲弊していた光は母の再婚により春樹という穏やかな義兄を得る。春樹のもたらす安穏とした日々のなかで光は徐々に春樹に執着と劣情を覚え、強引に身体を繋げる。義弟に犯される日々に心身のバランスを欠いた春樹は心地好い時間をくれる英に傾倒していく。しかし、春樹がもがくほどに光の執着は増していく。忙しいと心は亡くすが、心を殺すと人はどうなるのか。線の細い絵のなかで意思の表れる瞳がページをめくらせる。光と春樹と英。ありきたりな結末にはしないで欲しい。
  • 参考になった 8

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。