第14回「講談社漫画賞」一般部門を受賞。現代にも通じる戦争・平和・国家の問題に挑んだ、かわぐちかいじ代表作。「モーニング」にて、1988年~1996年まで連載。

今だけ無料で読めるキャンペーン実施中!

【完結済み】沈黙の艦隊 1巻

かわぐちかいじ

講談社

ジャンル:青年マンガ

無料で読める!
キャンペーン中

2018/08/23まで

500円0円 (税別)

2018/08/23まで割引中

eBookJapan発売日:2005年03月11日

  • 無料あり
  • 完結
  • 無料あり
  • 完結

沈黙の艦隊 1巻の内容

シリーズ書籍一覧 32冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

沈黙の艦隊 1巻の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(5.0)

投稿日:2017年02月17日

単なるシップバトルに留まらない、壮大でリアルな政治バトル

これは凄い漫画だった。最初から最後まで目が離せなかった。
日米の技術を結集して秘密裏に建造された最新鋭原子力潜水艦が「独立戦闘国家『やまと』」を宣言。果たして艦長海江田の目的は?
最初は、最新鋭原潜v.s.米ロの海軍力の現代兵器戦闘物だったのだが鞘当に、海江田館長の目的が明らかになるに連れて、物語はどんどん広がり、単なるバトル物ではなく、軍事力・経済力・政治力を背景に自国の国益を最大限に確保したい大国同士の激しい鞘当てに発展。原潜国家『やまと』が繰り広げる痛快壮大な戦闘だけでなく、この政治家同士・国家代表同士の思惑のぶつかり合いが激しい激しい。
原潜の独立宣言とか、その独立の最終的な目的・構想とか、実際にはとても非現実的だろうけど、とてもリアルに描かれていて、また思わず惹き付けられる理想の世界が語られ、最後までドキドキ・ワクワクが止まらない。登場人物がみんなエネルギーに溢れていて、その台詞も熱い熱い。
特に単行本23巻にしてようやくタイトルでもある「沈黙の艦隊」の単語が登場したシーンはシビれた。“沈黙の”って、“艦隊”って、そういうことか~。
そんなわけで、序盤のシップバトル物の間は痛快にサクサク読めるのだが、舞台が政治の場に移ると、各政治家の言葉一言一言をしっかり読み込まないと話に付いていけないので、読むのに時間がかかるし正直疲れる(笑)でも、じっくり熟読するだけの価値がある面白さだった。
作者のかわぐちかいじは、この結末も含めて、描き始めの時点で話全体の構想があったのだろうか。
  • 参考になった 7

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。