平均評価(5.0 レビューを見る
あしたのジョー (1)
  • 完結

ある日ふらりと下町のドヤ街に現れた、天涯孤独の少年・矢吹丈。腕っぷしの強さが元ボクシングジム会長の飲んだくれオヤジ、丹下段平の目に止まる。段平は丈に自分の果たせなかった夢を託し、名ボクサーに育てようと熱心に面倒を見る。しかし、段平の願いをよそに、丈は毎日、ドヤ街の子供達を引き連れ、無法な行動を繰り返すのだった。漫画史上の最高傑作、ついに登場!!ジョー、そのパンチで叩き出すんだ、すばらしい明日を!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

矢吹丈。永遠のヒーローという代名詞がこれほど似合うキャラは他にないと思います。手のつけられない不良だったジョーが、ボクシングと出会い、力石というライバルと出会い、目標(=あした!)へと歩んでゆく物語!! タイトル天才すぎますよね…。『ジョー』といえば、ラストシーンがあまりに有名ですが、その最大の布石は、紀ちゃんとの公園の場面でした(※いちおう以下ネタバレ注意です)。「もうボクシングやめたら」という紀ちゃんに、めずらしく胸の内を吐露するジョー。「負い目や義理だけで拳闘やってる訳じゃないぜ」「後には真っ白な灰だけが残る……(中略)そんな充実感は拳闘をやる前にはなかったよ」。ここまで読んできて、初めてジョーの秘めた思いに触れた気がします。あんなセリフを聞いたら、ぐっときますよ。ところがなんと紀ちゃん、ここでジョーのもとを去っていってしまった……! 男と女の温度差を、これでもかと突き付けるシーンでございました。もうあれで僕は決定的にジョーの応援団になりましたよね。紀ちゃんがいなくても俺がいるよ、と。俺だけは分かってるよ、と。(きっとみんなそう。)こんな風に、想いをよせくれる人と別れ、パンチドランカーの恐怖を打ち払い、世界の頂点たる男・ホセとの戦いを目指すジョー。パチンコだけでもじゅうぶん食べていけるほどの腕前を持っているのに、なぜそんなにがんばるの…、もう十分じゃないですか…、と何度思ったことでしょう。やめることの許されない戦いをつづけるジョーの姿。苦しみもがき、また次に挑む。果てしない繰り返し…。はたからみると破滅的だけど、そこにヒーロー像を見てしまうのが男子というもの。ジョーの生き方には、揺るぎない情熱と信念が表現されています。やっぱりジョーは永遠のヒーローです。 …以上、あしたはどっち?なシダがお送りしました(・∀・)  (2013/1/8)
  • 参考になった 1

ユーザーのレビュー

匿名希望

(5.0)

投稿日:2016年04月20日

元気が出る漫画

落ち込んでいるときとか疲れているときは、こういったスポーツものとかが元気が出ます。そのなかでも「あしたのジョー」みたいな古典的名作はいいですね。かっこよくひたむきに生きる男たちの姿をみると、自分もまだまだ頑張らなくてはと元気が湧いてきます。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。