雪花の虎 (2)

694円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

東村アキコが描く本気の大河ロマン。女・上杉謙信一代記、第2集! 天文九年(1540年)、虎千代11歳。父・為景の隠居後、兄・晴景が長尾家の家督を継ぐと、荒れていた越後の情勢はますます悪化、長尾家は度重なる戦の渦中にいた。その年の暮れ、虎千代の成長を見届けぬまま、為景が帰らぬ人となる。愛する父の死に「この城を守るのは自分だ」と覚悟を新たにする虎千代だったが、明けて天文十年(1541年)、彼女の体に異変が起きる。一方、隣国・甲斐の武田家では、当主・信虎の暴政に家臣たちの我慢も限界に達し、息子・晴信にある決断を迫るが…… 後の上杉謙信と武田信玄。いまだ相見えぬ終生のライバルの運命は今、大きく動き出そうとしていた―― 1集発売後即大量重版の注目作、待望の第2集が遂に登場!

無料立ち読み(20ページ)

カゴに追加 694 円(税別)

東村アキコが描く本気の大河ロマン。女・上杉謙信一代記、第2集! 天文九年(1540年)、虎千代11歳。父・為景の隠居後、兄・晴景が長尾家の家督を継ぐと、荒れていた越後の情勢はますます悪化、長尾家は度重なる戦の渦中にいた。その年の暮れ、虎千代の成長を見届けぬまま、為景が帰らぬ人となる。愛する父の死に「この城を守るのは自分だ」と覚悟を新たにする虎千代だったが、明けて天文十年(1541年)、彼女の体に異変が起きる。一方、隣国・甲斐の武田家では、当主・信虎の暴政に家臣たちの我慢も限界に達し、息子・晴信にある決断を迫るが…… 後の上杉謙信と武田信玄。いまだ相見えぬ終生のライバルの運命は今、大きく動き出そうとしていた―― 1集発売後即大量重版の注目作、待望の第2集が遂に登場!

  • 紙と同時
平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

書籍一覧4冊の書籍

1~4件/4件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

女上杉謙信

この作者さんの歴史物かつ、上杉謙信が女だったらという設定にまず惹かれました。
沖田総司が女という設定の話は有名ですが、また違ったアプローチな感じです。
私は横山三国史ですとか時代小説だと藤沢周平氏の文体ですとか、少女漫画の中華モノ宮廷物なんかは大好きですが、かなり歴史オンチです。そんな人でも十分楽しめます。
物語としてはまだ主人公は女であることを秘して男として本格的に武将デビューした段階で、まだまだこれからこれからよ、というところではありますが、バリキャリの女性の方とかはむしろ女謙信に共感できたりするのかも。
武田信玄も登場し、しっかり主人公女謙信の生涯のライバルとして躍動しそうな感じです。期待大。
  • 参考になった 6

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。