平均評価(5.0 レビューを見る
HELLSING (7)
  • 完結

舞台は英国。吸血鬼による暴虐な事件が横行していた。そこで結成されたのが、反キリストのバケモノを狩る機関王立国教騎士団通称「HELLSING機関」。その一員である主人公アーカードは吸血鬼討伐のエキスパート。彼自身も吸血鬼であり、銃で撃たれようと、首をもがれようとその肉体は不死身。事件に巻き込まれ吸血鬼の体となってしまったセラス・ヴィクトリアも機関に加わり、団長インテグラルの指揮のもと、今日も吸血鬼事件の鎮圧に向かう。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

ユーザーのレビュー

久しぶりに読み返してやっぱりいいなと。

登場人物がそれぞれ濃い。
一瞬しか出てなくても、濃い。
平野先生の不思議なキャラ作りがこれでもかと詰まっている。
ところどころコミカルなところもある序盤から最終章に向けての加速と凄絶さは文字や言葉にしづらくて、これぞ「漫画で表現すべき話」。
絵がまた不気味で気持ち悪くアニメのような独特なものなので、苦手な人は苦手かもしれない。
そんな絵柄に抵抗がなければ是非一度は読んでいただきたい。
読み進めて行くうちにいつの間にか“彼”の一部になるはず。


吸血鬼を狩るための組織、HELLSING機関には吸血鬼がいる。
“彼”はただひとりに仕えている。
インテグラ。
彼女がHELLSING機関の長であり、“彼”のマスター。
そのマスターに中指を突きつけた男がいる。
男は“手段”のためには“目的”を選ばない。
英国は燃える。燃える。燃える。
是非、あらゆる悪夢を現実にしたかのような世界を覗いていただきたい。

ただ非常に残念なことに、作者の“作中の雰囲気ぶち壊しシリーズ”のあとがきが全く収録されていない。
紙の書籍と異なるものには必ず注釈をつけていただきたいと、出版社に直訴したい。
欲を言うならeBookJapan側で把握して注釈をつけていただきたい。
あのあとがき…いいんだよ…ぶち壊されるあのあとがきが…癖になるんだよ…。
それだけが気になるので☆をひとつ減らそうかとも思ったのですが、もとから紙書籍を知らなければ文句無しに☆5なので、電子から入る人に誤解がないよう☆5でつけておきます。
あとがきの存在を知っている人からみたら☆3~4かもしれない…。
電子書籍としてはちょっとね。未熟。


この作品のキーワードは
吸血鬼、不死、永遠、かっこ良すぎる台詞、戦う執事、戦う婦警
キーワード難しいなあ。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。