平均評価(4.2 レビューを見る
進撃の巨人 (19)
  • 紙と同時

巨人に対する真の勝利を獲得すべく、調査兵団はウォール・マリア奪還最終作戦を決行する。作戦の内容はウォール・マリアのシガンシナ区に空いた穴を、エレンの硬質化能力によって塞ぐというもの。そして、ウォール・マリア内にあるエレンの生家の地下室に眠る「真実」を目指す。だが、そこには「獣の巨人」たちが待ち構えていた! 巨人と調査兵団。最終決戦が、いま始まる。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

コミックスがあっという間に400万部を突破した超話題作がイーブックから発売になりました! 『寄生獣』、『風の谷のナウシカ』、『暁星記』……そんな漫画がストライクゾーンな方はハマります! 『進撃の巨人』は突然出現した謎の巨人群と人類との種の存亡をかけた戦いを描く大スケールのSF作品。人類に襲いかかる巨人の正体はまったく不明。やがて少しずつ謎が明らかになっていくんでしょうね。うーん、楽しみです!! 現在も連載中のこの漫画。現在進行形で読めるのは幸運だと思います。ゆくゆくは前出の作品に並ぶ名作になって欲しいです!(2011/7/5)
  • 参考になった 14

ユーザーのレビュー

匿名希望

(4.0)

投稿日:2016年12月16日

21巻から話が急展開

初期はただただ圧倒的な世界観とグロテスク表現で度肝を抜かれる作品。人を襲う巨人がいて、人々は三重の巨大な壁の中で生きるしかなく、そしてその壁が壊されて安寧が崩れる。その謎を解明することを目指す調査兵団がいて、そこで活躍する主人公。
初期の頃から、なぜ巨人という存在がいるのか、巨人を阻む壁はどのようにして築かれたのか、いくつかの巨人が持つ特殊能力は何なのか、知性のある巨人とない巨人の違いは何かなどなど、様々な謎や伏線が張り巡らされていて、グロテスクな巨人による殺戮シーンもありながら、謎解きが非常に面白い本作。
“王家”に関わる話が出て来た時点でも話の大きな転換点になって、これまで不明だった様々な伏線が回収されたが、さらなる謎も増えていた。
レビュー投稿時点最新刊の21巻で、ストーリーは劇的な急展開を迎えた。ネタバレは控えるが、これまでの謎や伏線を一気に回収しにかかり、世界観や舞台がさらに大きく広がった。これをどう最終的に収拾してくれるのか(してくれるよね^^;)、この先の展開がますます楽しみになった。
作者の絵が良くも悪くも向上せず、だからこそ本来とてもグロテスクなシーンが受け入れられる程度に読み流せたり、作中の登場人物同士が似ているのが実は伏線なのか作者の描き分け技術の問題なのか議論になったり、それもまた一興。
  • 参考になった 5

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。