先生の白い嘘 (6)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

“お宝写真”をネタに、美鈴を脅し続けていた早藤。美鈴と新妻の親しげな様子を目撃し、ドス黒い考えを思いつく。脅しをやめる条件として、美鈴に突きつけられたのは究極の選択だった! 意を決して早藤と対峙する美鈴、その先で彼女を待つ仕打ちとは? 電子版では雑誌掲載時のカラー(冒頭4ページ)もそのまま収録!

無料立ち読み(10ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

“お宝写真”をネタに、美鈴を脅し続けていた早藤。美鈴と新妻の親しげな様子を目撃し、ドス黒い考えを思いつく。脅しをやめる条件として、美鈴に突きつけられたのは究極の選択だった! 意を決して早藤と対峙する美鈴、その先で彼女を待つ仕打ちとは? 電子版では雑誌掲載時のカラー(冒頭4ページ)もそのまま収録!

  • セット割
  • 完結
  • 紙と同時
平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧8冊の書籍

書店員のレビュー

賛否分かれてしまう作品かもしれませんが、トラウマというか読後感が悪いというかなんともズッシリとくる作品です。読んだときは「こんな男いるのかっ!?」とも「こんな女いるのかっ!」とも思いました。やっぱり内容思い出すと辛いですね。男性読者はこのような作品をどのように感じるのだろう…などいろいろなことを思ったり考えたりしました。
うまく言えませんが中心に太いテーマ性を感じます。重ための作品が好きな方は是非。
  • 参考になった 4

ユーザーのレビュー

匿名希望

(5.0)

投稿日:2017年01月19日

衝撃的で、辛い作品

ここまで女性の、性に対する意識に深く踏み込んだ作品を、漫画でも小説でも映画でも見たことがありません。正直辛くなります。
女の臆病さ、無防備さ、弱者でいようとするのに、性を利用しようとするところ、怯えと甘え、卑怯さ、自分の心を守るための卑屈さ。
私にも近い心の動きは経験があります。
主人公には、前に進もうとしてほしい。自分も男も許して。
祈りにも似た気持ちです。
  • 参考になった 7

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。