ユーザー評価なし レビューを見る
月明星稀―さよなら新選組 (1)
  • 完結

江戸末期。理想の武士になるために、最強集団・新選組をプロデュースした男、土方歳三。彼を中心に新たな視点から語られる幕末青春伝。苛烈な男達の生き様を描く意欲作!!元治元(1864)年。京の都を賑わす新選組は、不貞浪士にも厳しい取り締まりを行っていたが、身内に対してもその厳しさは発揮されていた。市内巡回の斬り合いの際、戦う意欲を見せなかった者は、副長・土方歳三により容赦なく切腹を命ぜられていた。鬼と恐れられながらも歳三は、素人の寄せ集めである新選組を最強の武装集団へ育てようとしていた…。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

年末に『お~い!竜馬』を読破してから幕末にハマっています。戦国時代も熱くていいですけど、幕末はまた違った良さがありますね。私は竜馬からハマったので攘夷派なんですが、佐幕派の言い分も見てみないとどっちにつくか判断できないな!と思い、あの有名な「新選組」を題材にした作品を「幕末風雲児列伝」
で探して、土方歳三を主人公に描いたこちらの『月明星稀―さよなら新選組』を読んでみることにしました。絵柄も綺麗で、女性でも読みやすいと思います。土方歳三がとにかく美男子です! 時は幕末。武士に憧れた土方歳三が、近藤勇、そして仲間と共に、動乱の京都へと新選組として繰り出す――。士道を心に抱く男たちの生き様を描いた青春物語。最強集団・新選組をプロデュースした男、土方歳三。土方歳三って有名ですけど、イマイチ何をした人なのかよくわかってなかったんですが、これを読むと、土方が新選組にとっていかに重要な人物だったのか、よくわかります。新選組も攘夷が目的だったんですね。知らなかった…。置かれている立場は違っても、みんな幕末の志士ですね。刀を抜くときは死ぬ覚悟を持って臨む…「武士」って格好いいですね!まさに日本男児の魂です。近藤さんと新撰組に対する忠誠心――「鬼」とまで呼ばれた男・土方歳三の生き様を、ぜひご覧ください!
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。