書籍の詳細

独特な作風で定評のある漫画家・あすなひろしの、さまざまなジャンルにわたる傑作を収録した作品集。優れた美貌とプロポーション、お色気ファッションで男子達の注目を集め、女子達から敵意の視線を浴びる転校生・相良凌(さがら・りょう)。そんな彼女と隣の席になったツトムは、男に甘えるのが上手な凌にすっかりメロメロに。その翌日、凌をめぐって番長と決闘することになったツトムだったが……!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

あすなひろし作品集のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • あすなひろしほど、同時代の同業者からその死を惜しまれた漫画家はいないかもしれません。「流麗」としか表現のしようがない描線と、職人的な技で仕上げられた画風は、見るものの心に深く刻み込みます。少女マンガ誌、少年漫画誌、青年漫画誌と分野を超えて作品が発表されたので、古くからの漫画ファンは、一度は目にしたことがあるはずです。ファンに印象付けるのは、画そのものだけではなく、独特のストーリーテリングにもあります。コミカルな明るさに包まれながら、突如として反転してシリアスに直面するなどといった展開が少なからずあって、はっとさせられます。短編「ゆめの終わり」では、小さな男の子と父親が二人で暮らす家庭のもとに美しい女性が現れます。父子はそれぞれ、この女性が妻、あるいは母親になることを願い始めるのですが、驚くべき展開が待ち受けています。脳裏から離れそうにない話です。『あすなひろし作品集』には、前述した三分野の貴重な作品をご堪能ください。イーブックジャパンの独自配信です。(2013/10/11)
    • 参考になった 2
    投稿日:2013年10月11日