平均評価(3.0 レビューを見る
闇狩人 (3)
  • セットポイントUP
  • 完結

京都で修学旅行を楽しんでいた間武士(はざま・たけし)は、無差別に通行人を襲う不死身の殺人鬼と遭遇する。その時、丸ペンを使って殺人鬼を焼き殺した間は、我竜京介(がりゅう・きょうすけ)から、謎の薬を飲んだ刃和会会長・大前(だいぜん)が殺人鬼の正体だと知らされる。そして謎の薬の黒幕である敷島(しきしま)と鬼姫(おにひめ)の元へ向かう陣内力(じんない・ちから)に、仕事を依頼された間と京介は……!?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~5件/5件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

展開構成とも良し、惜しむらくは・・・・で台無し。

新作キャンペーンと言う事で、そちらの出来に期待が出来たので、まずは原典をと。
もう30年前の作品だぁ。当時のジャンプ臭(後述)もプンプン。
ンで、ファンも多いらしくその出来はマァ(後述)なかなかの力量。
展開がしっかりして無駄なキャラの振りが無く、何より命に対しての「神判」をしっかり描き分けてる。
(個人的に死や殺しの絡む作品は匙加減が軽いと減点対象なんですよね)
ただ・・・・・・
失礼覚悟で言うと、
この絵は無いです(-_-;)。
上記したようなジャンプコメディーやギャグのモノならそれでも読めるんですが、
巧い綺麗の基準より雰囲気が・・・・・・
上記のよく練られた展開を台無しにして余りあります。
キャラの設定や味付けもほぼラブコメの方に近いですし、
う~ん、原作出典が多いのを納得してしまう・・・・・
(けっして画力云々じゃ無いんですよ(^^ゞメイヨノタメニ)
描き込みもどうでもいい所に凝ってる割りに本題のスリリングさがどうにも伝わらないし・・・・
そういう意味でリメイクのほう、(作者には失礼ながら)期待は出来そうなんですが看過します。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。