闇狩人 (2)

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

東京に進出してきた新たな闇の組織・将棋一派は、自分達に屈しない闇狩人を次々と殺害していく。そんなある日、突然現れた将棋一派の香(かおり)と桂(けい)からの要求を拒絶した間武士(はざま・たけし)は、仲間の情報屋と通りすがりの子供を見せしめに殺される。そして2人の敵を討つために香と桂に対決を挑んだ間だったが……!?

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 300 円(税別)

東京に進出してきた新たな闇の組織・将棋一派は、自分達に屈しない闇狩人を次々と殺害していく。そんなある日、突然現れた将棋一派の香(かおり)と桂(けい)からの要求を拒絶した間武士(はざま・たけし)は、仲間の情報屋と通りすがりの子供を見せしめに殺される。そして2人の敵を討つために香と桂に対決を挑んだ間だったが……!?

  • 完結
平均評価(3.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧5冊の書籍

ユーザーのレビュー

展開構成とも良し、惜しむらくは・・・・で台無し。

新作キャンペーンと言う事で、そちらの出来に期待が出来たので、まずは原典をと。
もう30年前の作品だぁ。当時のジャンプ臭(後述)もプンプン。
ンで、ファンも多いらしくその出来はマァ(後述)なかなかの力量。
展開がしっかりして無駄なキャラの振りが無く、何より命に対しての「神判」をしっかり描き分けてる。
(個人的に死や殺しの絡む作品は匙加減が軽いと減点対象なんですよね)
ただ・・・・・・
失礼覚悟で言うと、
この絵は無いです(-_-;)。
上記したようなジャンプコメディーやギャグのモノならそれでも読めるんですが、
巧い綺麗の基準より雰囲気が・・・・・・
上記のよく練られた展開を台無しにして余りあります。
キャラの設定や味付けもほぼラブコメの方に近いですし、
う~ん、原作出典が多いのを納得してしまう・・・・・
(けっして画力云々じゃ無いんですよ(^^ゞメイヨノタメニ)
描き込みもどうでもいい所に凝ってる割りに本題のスリリングさがどうにも伝わらないし・・・・
そういう意味でリメイクのほう、(作者には失礼ながら)期待は出来そうなんですが看過します。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。