超金融緩和の時代

1500円 (税別)

獲得ポイント 15pt (1%還元)

史上最高値を更新する米国ダウ、円安に振れた為替市場、低迷を脱した日経平均など、世界経済の新たなトレンドの本当の意味はどこにあるのか?リーマンショック後、「今後の世界経済の行方は暗い」「もはや成長は限界である」などといった悲観論が吹き荒れるなか、唯一、楽観主義の論陣を張り続けた、米国経済分析の第一人者で元ドイツ銀行副会長である著者が明快に読み解く!米国FRBが先駆けて、ECB(欧州中央銀行)、黒田日銀が追従した、中央銀行による大胆な金融緩和。多くの識者は、これを緊急避難的な措置、あるいは破滅を招きかねない中央銀行の堕落というが、著者の見解は異なる。過去の歴史においても、産業革命などにより大きく経済が発展するときには、金本位制からの転換など、その規模に応じたマネーの増大が不可欠だった。今回の動きはまさに「証券本位制」への歴史的転換による資本主義再生だとする。「現下の経済状況の不安定さは、情報技術革命による圧倒的な生産性の向上がもたらした一時的なヒト余り、カネ余りにすぎない。これらの余った資源が新たな経済領域に配分されることにより経済は大きく発展する。米国においてはすでにその萌芽が出ており、ダウは10万ドルの大台を目指すトレンドに入った。当然、世界の株式市場、為替市場もそれに追従することになる」――。そうした新たな経済潮流にどう対応をすべきなのか、本書が明らかにする。

カゴに追加 1500 円(税別)

史上最高値を更新する米国ダウ、円安に振れた為替市場、低迷を脱した日経平均など、世界経済の新たなトレンドの本当の意味はどこにあるのか?リーマンショック後、「今後の世界経済の行方は暗い」「もはや成長は限界である」などといった悲観論が吹き荒れるなか、唯一、楽観主義の論陣を張り続けた、米国経済分析の第一人者で元ドイツ銀行副会長である著者が明快に読み解く!米国FRBが先駆けて、ECB(欧州中央銀行)、黒田日銀が追従した、中央銀行による大胆な金融緩和。多くの識者は、これを緊急避難的な措置、あるいは破滅を招きかねない中央銀行の堕落というが、著者の見解は異なる。過去の歴史においても、産業革命などにより大きく経済が発展するときには、金本位制からの転換など、その規模に応じたマネーの増大が不可欠だった。今回の動きはまさに「証券本位制」への歴史的転換による資本主義再生だとする。「現下の経済状況の不安定さは、情報技術革命による圧倒的な生産性の向上がもたらした一時的なヒト余り、カネ余りにすぎない。これらの余った資源が新たな経済領域に配分されることにより経済は大きく発展する。米国においてはすでにその萌芽が出ており、ダウは10万ドルの大台を目指すトレンドに入った。当然、世界の株式市場、為替市場もそれに追従することになる」――。そうした新たな経済潮流にどう対応をすべきなのか、本書が明らかにする。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。