レビューはありません
スーツのままで抱いて

ベッドの中で甘い会話をする。こんなふうに男の腕に抱かれ、指先で唇をくすぐられ、髪にキスされて、馴染んで和んでしまえるなんて、数ヶ月前の自分では信じられないだろう、と塔山は思った。自分がそんな人間だったことも驚きだが、その恋人が、同じ会社の部下だなんて、出来すぎな話だ。もっともその彼が自分をこんなにしてしまったのだから。私の性癖を暴いたのも、彼の言葉や指に感じてしまうようになったのも、虐められるのが……嫌いじゃなくなったのも………。「みんな俺のせい?」恋人がまた意地悪をしようとする笑顔で聞いてくる。「君のせいじゃないの?」「課長に素養があったんでしょう?」「こんなときにその呼び方は………」「だって、その方がイケナイことしてるみたいでドキドキするもの。課長もそうでしょ?」課長、と低い声で呼ばれる。ベッドの上でだけ聞く、艶やかな声。

  • 400(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 4pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。