レビューはありません
嘘をほどく、真昼の檻 (2)

社長として働く要の前に、専属の秘書兼運転手として現れた男。それは10年前に別れた、幼なじみであり初恋の相手だった――。再会から数週間、自由気ままで、犬みたいにヤンチャに絡んでくる恭一郎と接し、押し殺していた要の恋心が徐々に溢れいく…。そんな時、恭一郎からの突然のキス――真意のわからないままの行動に、逃げ出してしまう要。「もうこれ以上は傍にいてはダメだ」と感じた要は、“秘書解任”の異動命令を出して…?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。