レビューはありません
藤原道長の権力と欲望  「御堂関白記」を読む

藤原道長が「御堂関白記」と呼ばれる日記を書いていたのをご存知ですか?自筆日記は今でも大切に保存されています。1000年前の最高権力者の日記は世界的に見ても大変貴重で、今年ユネスコの「世界記憶遺産」に認定される予定です。気になるのはその中身。天皇と意見が合わなければ怒りを書きとめ、娘が産んだ皇子の天皇即位を前にして喜びを素直に記しています。人間の喜怒哀楽は時を経ても変わらない、と思わされました。教科書でしか知らなかった道長がぐっと身近に感じられる1冊です

  • 838(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 9pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。