レビューはありません
さようなら、と君は手を振った
  • ポイントUP

芦屋誠一の従兄弟、氷見啓介が田舎から上京してきた。実家の旅館を継ぐために、都内にある知り合いのホテルで経営を学ぶというのだ。啓介との再会は、誠一にとって懐かしくも後ろめたくもあった。十年前の夏、高校生のふたりは恋に落ち、誠一は、「高校を卒業したら迎えにくるから一緒に逃げよう」と啓介に約束した。しかし、都会に戻った誠一が約束を果たすことはなかった。そんな過去から気まずい再会になるかと思いきや、啓介は過去にいっさい触れず、誠一と出逢えたことを喜び、優しく微笑むだけだった。責められずにすんで安心した誠一は、十年前と変わらずに優しくなぐさめ、抱き締めてくれる啓介に、どこまでも甘え続けるが……。――従兄弟の誠一を一途に愛し尽くす啓介と、その想いを利用しようとする誠一。すれ違う二人の切ない恋の物語。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。