レビューはありません
吉備 古代の呪い

岡山県総社市に住むアマチュア郷土史家・吉野文彦が、東京のホテルで服毒死した。吉野は<桃太郎・温羅伝説>を大胆に解釈した小説「吉備古代の呪い」を地元紙に連載し、好評を博していた。上京の目的は、招待された日本古代史研究会のパーティーに出席するため。しかし会の代表は招待状を出していないという。岡山に向かった十津川警部は、吉野と吉野が所属する吉備古代史研究会の実力者との間に確執があったことを知る…。古代ロマンが生んだ現代の殺人事件の真相は?

  • 600(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 6pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。