平均評価(4.0 レビューを見る
出口ゼロ (8)
  • 紙と同時

新・3年生の課題は「D・A・刑務所」での監獄生活。それぞれ「看守」と「囚人」に分かれ、役になりきって生活しつづける、過酷な即興がはじまった。権力をにぎった看守たちは、しだいに役になりきっていき…!? この課題の運命を握る看守長役となった夕日(ゆうひ)のまえに現れたのは…、あの、ずっと会いたかった、憧れの高城咲良(たかしろ・さくら)で……!?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

スペシャルレビュー

一覧を見る

出口ゼロ

東大漫画研究班の面々が、「話も絵も勢いもやめられないおもしろさ」的に盛り上がったのが『出口ゼロ』。究極の演技者になるために、生徒たちの自我の崩壊を目指す演劇学校から、仲間とともに脱出を目指す主人公に襲いかかる、即興演劇という名の、過酷な試練の数々。一度読んだら、先を追わずにいられません。男子売れも納得のやめられなさ。眠れない夜にぜひオススメです。

ユーザーのレビュー

一覧を見る

匿名希望

(4.0)

投稿日:2016年11月23日

落丁

コミックもとても面白いし、おまけの最後のクイズも面白い。
楽しく一気に12巻まで読みました。
とってもお勧めなんですが、9巻、折角のクイズ問題155ページ目が落丁です。
ところで、作者さんか編集担当さんへ。YES,AND(VIOLA SPOLIN THEATER GAMEより)の使い方間違ってますよ。AND以下はDOINGでないとインプロ(reality of doing)とは言いません。BEING(感情、状況)になってる人が多く(特に教師と咲良)、あれはルール違反です。ここまでは主人公を含めアクションを基本にしてる演技だったのに、勿体無い。あれじゃ感情が目的の酔ってる演技で、いわゆる泣こうとしてる演技です。相手のアクションの出方を見る気がない自己表現の域を出ない演技です。感情はあくまでアクションの副産物。折角アクションで書いて来たのに本当に勿体無い。続きがアクションに戻るのを楽しみにしてます。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。