ユーザー評価なし レビューを見る
俺はまだ本気出してないだけ (5)
  • 完結

いろいろありながらも、新編集担当・宇波女史とともに、再び漫画家デビューを目指す大黒シズオ(42)。あとはひたすら夢に向かって集中するのみ!一方、シズオの幼なじみ・宮田も脱サラ後に開いたパン屋が盛況。このまま順調に行くかにみえたが、ある日、宮田が忽然と姿を消してしまう。その時、シズオは――。「まだ本気出してないだけ」のすべての人におくる、注目のナイスおっさんコメディー・いよいよクライマックス!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

一時、「自分探し」という言葉が流行りました。これは、ある程度ゆとりというか余裕がないとできないので、人生のモラトリアムにある人たちが口にしていたような気がします。『俺はまだ本気出してないだけ』(青野春秋)は、不惑の40歳にして会社に辞表を出し、自分を探し始めた大黒シズオの話。で、「俺の生き方」を見つけて、宣言します「俺 マンガ家になるわ」。高校生の娘と年老いた父親がいるのに…、絵心があるわけでもないのに…、描きたいことが泉のように湧き出るわけでもないのに…楽天的にマンガ家になろうとします。作品は認められず、マンガ家というゴールを目指しているはずなのに、描くほどにゴールから遠くに離れていくようです。挙句の果てには、なんでマンガ家になることに執着するかを訊ねられて、脳裏に「…なんでだ?」の文字が浮かび上がってしまいます。「残念な感じ」なんてはるかに超越して、徹底的にダメ路線まっしぐらにまい進していきます。痛々しく感じるくらいのダメさ加減です。でも、不思議に惹きつけられるキャラなんですね。大黒シズオ。それは、時々自分自身の生き方に対して反省交じりに逡巡するからではなく、人を食ったようなとぼけたセリフばかり口にしているからでもないような気がします。では、一体なぜ? それは、同世代のオッサンが真似したくても、絶対にできない生き方だから、ついつい成り行きを見届けたくなってしまうのかもしれません。 (2012/2/21)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。