レビューはありません
福島原発事故は収束なんてしていない

日本人は福島第一原発事故から何を学んだのか。小出さんは日本人一人一人に問いを投げかけ、自らを省みる。脱原発が総選挙の争点にもならず、原発推進派の自民党が大勝してしまう国。安倍晋三首相が自ら原発のセールスマンとなって、世界中に原発を売り込む姿勢をマスメディアは批判さえしない。こうしている間にも、福島の子どもたちは放射能に蝕まれているにのである。巨大な流れに抵抗するには命を懸けなければいけないときがある。と覚悟を決めた小出氏の言葉にいまこそ耳を傾けてほしい●福島第一原発はいまだに危険だ●原発事故の恐ろしさから目を背けてはいけない●抵抗するには命を賭けなければいけないときがある●朝日新聞は相変わらず原発推進●国がやるべきことは福島の子どもたちを逃がすこと●日本最大のコングロマリット・東電の責任を問え

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。