平均評価(3.0 レビューを見る
夢幻の軍艦 大和 (14)
  • 完結

戦艦大和は無事沖縄へとたどり着いた。米軍は原子爆弾を大和と連合艦隊に向け使用することを決める。いよいよ原子爆弾が投下されようとした時、連合艦隊の前に邪悪な神・旧支配者ヨグ=ソトースが出現する。戦艦大和、クルス、海馬の運命は?『夢幻の軍艦大和』、ついに完結!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: 夢幻の軍艦 大和 (14)
  • 著者名: 本そういち
  • eBookJapan発売日: 2013年08月16日
  • 出版社: 講談社
  • 連載誌・レーベル: イブニング
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 201ページ
  • 立読ページ数: 17ページ
  • ファイルサイズ: 71.2MB
  • 関連ジャンル: 青年マンガ社会派歴史時代劇戦争イブニング
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

一覧を見る

絵は良く脚色も良く、でもこの手の作品は(-_-;)

また一巻立ち読み粗評価ですm(_ _)m。当方この手の話は「仮想戦記もの」で相当辟易した口なので。
(しかもあの檜山良昭氏の作品からして)
あとの視点から分岐点を正してあの戦史を正しく導く。それ自体がナンセンスなのは「連合艦隊ついに勝つ(高木斉彬著)」でも描かれた通り。
(局所局所の戦局を取り繕ってもけっきょく連合艦隊が破滅した)
それを平成の若者視点で描こうとしてる時点でかなり無理がある。
その後の立ち読みも読む気が起こらなかったです。
そこを差し引くと物語の動線や人物の絡み方はそこそこしっかり描いていて嘘っぽくは描いていないです。
展開的には巧く描いている方だと思います。
ただ、正直この仮想戦記ってジャンルはいただけません。日本人が上っ面だけ巧く考えてこの戦争が負けなかったことは努々あり得ないわけです。
どこかでツケ払いさせられる過ちは抱いてたわけですから。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。