小川英子のめるへん・BOX

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

この小箱をあけたら、なにが飛び出すでしょう?眠れぬ夜に、けだるい朝に、心淋しい昼下がりに、この箱を開けて〈めるへん〉をとりだしてください。あなたの胸に優しくほのかな灯が灯るでしょう。『小川英子のめるへん・BOX』は、講談社児童文学新人賞をはじめ、カネボウ・ミセス童話大賞優秀賞、児童文学ファンタジー大賞奨励賞を受賞している著者の短編集です。新潟県糸魚川市に生まれ育った著者は、赤いピアノを背負ってトーキョーに出てくる子猫の物語『ピアニャン』で、講談社児童文学新人賞を受賞し、児童文学の道に進みました。ミステリー作家の都筑道夫に師事したこともあり、奇想天外なファンタジーが得意です。イラストの吉原晴美は、糸魚川市在住のイラストレーターです。水彩絵の具のやわらかなタッチが、ほのぼのと暖かい世界を表現しています。『めるへん・BOX』シリーズの第一箱『やさしいバイオレットをどうぞ』には、スミレの花をイメージして、ユーモアと希望を紡ぐ物語を五篇集めました。『風とあかちゃん』は、透明な姿の風の子とその声を聞くことのできる少女のお話。『雲とサーカス』は、サーカス一座に入った飛行機雲の兄弟と羊雲の姉妹たち、そして入道雲のてんやわんやのお話。一座にはちょっと迷惑なんですけど。『もう一つの太陽』は、ある日、核戦争が起きて……核の冬を生き抜くレンギョウの絶望と希望。『めるへん』は、不思議なタクシーに出会った恋人たちの切ない恋の思い出。『蜂蜜酒と悪魔』は、蜂蜜酒が好きな悪魔が蜂にかけた呪いとそれを解こうとする蜂飼いの若い夫婦のお話。スミレの花言葉は〈ちいさな幸せ〉です。この物語があなたの胸にちいさな幸せの花を咲かせますように──

カゴに追加 200 円(税別)

この小箱をあけたら、なにが飛び出すでしょう?眠れぬ夜に、けだるい朝に、心淋しい昼下がりに、この箱を開けて〈めるへん〉をとりだしてください。あなたの胸に優しくほのかな灯が灯るでしょう。『小川英子のめるへん・BOX』は、講談社児童文学新人賞をはじめ、カネボウ・ミセス童話大賞優秀賞、児童文学ファンタジー大賞奨励賞を受賞している著者の短編集です。新潟県糸魚川市に生まれ育った著者は、赤いピアノを背負ってトーキョーに出てくる子猫の物語『ピアニャン』で、講談社児童文学新人賞を受賞し、児童文学の道に進みました。ミステリー作家の都筑道夫に師事したこともあり、奇想天外なファンタジーが得意です。イラストの吉原晴美は、糸魚川市在住のイラストレーターです。水彩絵の具のやわらかなタッチが、ほのぼのと暖かい世界を表現しています。『めるへん・BOX』シリーズの第一箱『やさしいバイオレットをどうぞ』には、スミレの花をイメージして、ユーモアと希望を紡ぐ物語を五篇集めました。『風とあかちゃん』は、透明な姿の風の子とその声を聞くことのできる少女のお話。『雲とサーカス』は、サーカス一座に入った飛行機雲の兄弟と羊雲の姉妹たち、そして入道雲のてんやわんやのお話。一座にはちょっと迷惑なんですけど。『もう一つの太陽』は、ある日、核戦争が起きて……核の冬を生き抜くレンギョウの絶望と希望。『めるへん』は、不思議なタクシーに出会った恋人たちの切ない恋の思い出。『蜂蜜酒と悪魔』は、蜂蜜酒が好きな悪魔が蜂にかけた呪いとそれを解こうとする蜂飼いの若い夫婦のお話。スミレの花言葉は〈ちいさな幸せ〉です。この物語があなたの胸にちいさな幸せの花を咲かせますように──

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。