レビューはありません
音なし源捕物帳(巻三)

文政三年も、十月の末となった。江戸の名物でもある空っ風が、三日に一度は吹き荒れる。江戸の木枯しは、短時間に狂ったように吹くのであった。大江戸の人家の屋根を叩き、軒を煽って、路上を吹き抜ける。砂塵が舞い上がり、紙屑が競い合うように地上を滑ってゆく。看板が揺れて、木戸が忙しく開閉する。必ずどこからか、バタンバタンという音が聞えて来るものだった。…この「木枯しの辻」ほか、「賭けた浪人」「霜柱は笑う」「木枯しの辻」「湯治場の女」「凍った三日月」の5編を収めた。

  • 300(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 3pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。