レビューはありません
里見八犬伝 巻2

この巻には「礼の巻」と「智の巻」を収める。礼の巻では、犬塚信乃《いぬづかしの》と犬飼現八《いぬかいげんぱち》の2犬士が利根川をのぞむ芳流閣《ほうりゅうかく》の屋根の上で戦う名場面がよく知られている。二人は葛飾の行徳の入江で旅籠屋の文五兵衛に助けられるが、犬塚信乃は文五兵衛の話から、現八とはもちろんのこと、文五兵衛の息子の小文吾《こぶんご》とも不思議な宿世で結び合わされていることを知る。さらに小文吾の義弟房八と妹ぬいの犠牲によって、その子である犬江親兵衛《いぬえしんべえ》も、また犬士のひとりであることが明らかになる。信乃、現八、小文吾の3人は幼い親兵衛を祖母に託し、大塚村にいる犬川荘助を迎えにいく。だが、荘助は主人殺しの罪で処刑されようとしていた…

  • 700(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。