レビューはありません
龍馬(五) 流星篇

長州再征のさなか将軍・徳川家茂が急逝、さらに公武合体を推し進めた孝明天皇も崩御し、政情は混迷を極める。後藤象二郎との連携により、土佐藩の支援で海援隊を発足させた龍馬だったが、海難事故などの試練が続く。龍馬は船中八策であくまで平和的政権交代を主張、山内容堂の建白を容れた将軍・徳川慶喜は遂に大政奉還を表明した。慶応三年十一月十五日、近江屋に逗留する龍馬は、ただ新国家建設に夢をふくらませていた。

  • 660(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。