レビューはありません
龍馬(四) 薩長篇

禁門の変に敗れた長州藩に対し、長州征伐が開始された。さらに四国艦隊の下関砲撃が追い打ちをかける。一方、激派志士との関係を疑われた勝麟太郎は軍艦奉行を免職となり、龍馬たちは活動の場を失った。これを救ったのは西郷隆盛だった。薩摩藩の庇護のもと、亀山社中を結成した龍馬は、念願の海運交易に乗り出す。長州再征の動きが強まるなか、龍馬は、新たな政権を作るために、旧怨を超えた薩長の連携が必要と考えていた。

  • 620(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。