平均評価(4.5 レビューを見る
エリュシオン―青宵廻廊― (4)

女だけの国アマゾーンの次期女王を選ぶためギリシャへ候補の戦士が旅だった後、市民権をめぐり改革を進めようとする女王とアマゾーンを旧来の封建的秩序に戻そうとするアンセノエー大相の対立はますます激しさを増していく。その一方で国の維持のため子作りの犠婦達がヒッタイトに向かった。そんな中、主人であり女王候補のペンテシレイアの帰りを待つアルティモラは巫女頭のババさまから予知能力を認められていく。そしていよいよペンテシレイアをはじめ次期女王候補達が帰国する――アマゾーンが国の将来を決める政策に揺れ動くのに呼応するがごとくアルティモラの心は己の予知能力が示すアマゾーンの未来を視る事によって乱されていく。夜毎夢見る月光の中で天馬を駆る12人の戦士とは?アルティモラの不吉な幻視はついに戦火の中で果てるペンテシレイアの姿を映し出す!!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

匿名希望

(5.0)

投稿日:2015年06月01日

もったいない

時代設定もキャラクターも魅力的で、内容も重厚で読み応えがありました。体の『重さ』が描けているせいか、戦いのシーンなども剣や拳の重みがあって面白いです。キャラクター同士のやりとりや百合的な展開も物語の彩りとして楽しめました。けれども、俺たちの戦いはこれからだ!というところで終わってしまいます。
しかし、確かに未完には違いありませんが、ここで終わっても面白い漫画だと思います。もちろん「続きが読みたい!!」「あの恐ろしい神がどう関わってくるのか知りたい!!」とは思いますが。
雑誌で掲載しているときに気づいていれば、アンケートなどで応援できたのにな……と残念です。
出版社の都合もありましょうが、いつか続きをと願わずにはいられません。
  • 参考になった 5

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。