ユーザー評価なし レビューを見る
バカ男子

あのころ誰もがバカだった。思い出したくない、でも笑える思い出満載!完全実話・オールカラーイラスト抱腹絶倒エッセイ!!「場末のスナックで隣りあったオヤジに、どうでもいい昔話を延々聞かされてるうち、なぜか楽しくなって意気投合しちゃう。翌日はぜんぶ忘れちゃうけど。そんな本です、これは。」(都築響一氏)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: バカ男子
  • 著者名: 清野とおる
  • eBookJapan発売日: 2010年04月02日
  • 出版社: イースト・プレス
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 200ページ
  • 立読ページ数: 17ページ
  • ファイルサイズ: 15.5MB
  • 関連ジャンル: 青年マンガ人情
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

一覧を見る

 「思い出すだけで胸のこの辺と脳のこの辺がキリキリと痛み出し、『あ゛あ゛あ゛あ゛』と叫びたくなるような、そんな嫌ぁ~な思い出」を読者に笑い飛ばしてもらおう、という意図でまとめられた清野とおるの『バカ男子』。冒頭から引用してしまいましたが、『あ゛あ゛あ゛あ゛』体験は、誰でも持っているはず。この本は、コマ割りのマンガではなく、文とカラーイラスト、そして著者の当時の写真を交えての『あ゛あ゛あ゛あ゛』の思い出話集。小学生から高校生までの多感な時期に起こった珍事件のエピソードで構成されています。私が一番笑えたのは、小学2年生の時に友達が家から1万円をくすねてきて、二人でそのお金を使うくだり。駄菓子屋へ行ったりメダルゲームを楽しんだりするのですが…その結末に思わず噴き出してしまいました。この本を笑いながら読んで思ったのは、著者が言うように、『あ゛あ゛あ゛あ゛』体験はネタとして人に笑ってもらって浄化すべきですね。(2011.2.27)
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。