レビューはありません
小沢一郎と田中角栄

昭和の闇将軍と呼ばれた田中角栄。一方、平成の影の実力者と言われる小沢一郎。この二人ほど、長期にわたって権力の中枢にいた男はいない。だが、表舞台に居続けたというよりは、道半ばで裁判沙汰を抱え、裏舞台で暗躍しているイメージが強い。二人とも権力を手中にしながら、なぜ、追い落とされたのか。田中のロッキード事件も、小沢の偽装献金事件も、いろいろと憶測が飛ぶ中、アメリカと対峙したことで嵌められたという陰謀説まである。小沢は、田中の秘蔵っ子として初当選以来、薫陶を受けてきたことはよく知られているが、田中は高度経済成長時代の中で、1972年に著書『日本列島改造論』でいち早く地方分権などの新しい国の形を提唱したのに対し、小沢が著書『日本改造計画』を出した1993年はバブル崩壊後、右肩下がりが始まっていた。時代背景の違う中、小沢は日本の進むべき新しい道を示そうとした。“数の政治”と揶揄される政治手法も含め、トレースしたような部分が多い二人だが、日本という国家のあり方や仕組みを、ここまで考え続けてきた政治家は他にはいない。田中角栄と小沢一郎は、どこが似ていて、どこが違うのか。そして、なぜ同じような政治生命をたどることになったのか。二人と関係の深い政治家や秘書の生の証言をもとに、権力の系譜をたどりながら、日本政治の本質を検証していく。さらに、政治資金規正法違反事件の無罪判決(一審)を受け、小沢一郎がどう動くのか。最後の勝負に挑む小沢の野望を追った。

  • 762(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 8pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。