駒田信二

講談社/文芸

ジャンル:学術・学芸

500円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2010年03月05日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

中国笑話集の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

中国笑話集の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

先日、駒田信二「中国妖姫伝」を紹介しましたが、今回は同じ著者の「中国笑話集」です。同名の本(村山吉廣訳編、インタープレイ)がもう一冊あって、昨年8月に取り上げたことがあるのですが、駒田本はそれとはまた趣が異なっていてぜひとも読み比べていただきたいと思います。村山本が明末の「笑府」を中心に採集しているのに対し、駒田本はいわゆる笑話本以外の書物からも多くを採っているので、話の幅と奥行きが違ってきている点で際だっているようです。その例として駒田信二さんは巻末の解説で「助長」や「顰(ひそみ)に效(なら)う」「矛盾」などの成語が孟子、荘子、韓非子の書物にもりこまれた笑話から生まれたとしてその過程をわかりやすく説明しています。笑話が中国社会の深いところに根ざしている庶民の文化であることがわかります。それにしても、ここに集められた600の笑話、拾い読みをしていてあきません。とりわけ「おたのしみ」という見出しでくくられている房事にまつわる笑話の豊かさには脱帽です。「中国妖姫伝」では、寵愛を受けた皇帝の息子の後宮に入ったのが則天武后、皇太子の嫁でありながら義理の父である皇帝の寵愛を受けるに至るのが楊貴妃、ということで驚きだったのですが、この笑話集にはその種の艶笑小咄が山とでてきます。どうやら「息子の嫁」は房事の隠れたキーワードの一つといっていいようです。(2010/06/18)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。