レビューはありません
新芦屋夫人

すぼめている口に赤黒い肉棒の先端が触れた。反射的に顔を背けようとした佳代子の髪に、哲太郎の手がかかる。両側から押さえ込まれてしまった佳代子の、口から頬、鼻そして瞼と、熱い肉の塊りがところかまわず蹂躙していく。「いやっ……」佳代子が、こらえきれずに叫びかけた瞬間、哲太郎の怒張が、唇のわずかな隙間を押し割って侵入した。そしてそのまま、ずずっと奥深くまではいりこんできて、まだまだ無知な人妻は、おえっ、と一瞬吐きそうになるのである。生まれてはじめて男の生殖器を咥えてしまった。(『禁断の悶え』改題)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: 新芦屋夫人
  • 著者名: 二階堂修一郎
  • eBookJapan発売日: 2013年04月05日
  • 出版社: おとなの本屋・さん
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 223.1KB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸 官能
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。