レビューはありません
土方歳三(三) 新撰組

「死ぬまで時間がある。ゆっくりと勤王が何であるかを考えてみることだな」土方歳三は言って刃を拭った。志士の腹から、白い腸がぬるりとこぼれ出した。攘夷か開国か、倒幕か公武合体か。世情ますます混沌たる中、文久三年八月十八日の政変勃発。御所の警衛に出動した浪士組は、ついに「新撰組」の名を拝受した。土方の次なる一手、それは局長首座、芹沢鴨の抹殺であった……。

  • 400(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 4pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。