レビューはありません
土方歳三(二) 壬生狼

土方歳三は焦っていた。「ちくしょう、このまま一生を終わりたくない」女と媾いのさなかにも胸中叫んでいた。が、ついに時は訪れた。文久三年、将軍家茂警護の浪士組として、近藤勇、沖田総司らと共に上洛。勤王の志士が跋扈する京の地で、歳三は狂気のごとく斬人剣を振るい始めた。壬生浪ならぬ壬生狼――京洛に噂が立つのに時はかからなかった……。峰版〈土方歳三〉、一気に佳境!

  • 400(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 4pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。