レビューはありません
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二

劉家の妖物が歌った詩は李白の「清平調詞」であり、時代を遡ること約六〇年前、玄宗皇帝の前で楊貴妃の美しさを讃えるために歌われたものである――。それを空海に示唆したのは、白居易という役人であった。一連の怪事は、安禄山の乱における楊貴妃の悲劇の死に端を発する。そう看破した空海は、貴妃の墓所がある馬嵬駅に赴き、その墓を暴くことを決意する。墓前には、白居易――のちの大詩人・白楽天がいた。白は空海に、詩作の悩みを打ち明けるのであった……。

  • 600(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 6pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。