レビューはありません
酒呑童子 太郎と鈴鹿の物語

平安王朝期、洛西大江山に多くの鬼がこもり、京に出て略奪をほしいままにしたという。彼らは結髪をせず、童子名を名のり、終生童子髪であったという古来より神に仕える者は世の人と違い長髪であったというが、自らを鬼と呼び世俗との縁を絶った者たちのしるしであったのだろうか。大江山に棲む鬼と恐れられた酒呑童子の姿を松本るいが鮮やかに描き出す!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。