レビューはありません
八丁堀同心加田三七(下)(電子復刻版)

八丁堀同心・加田三七が定廻りを勤めるようになってから数年。冷たい風の吹く十一月のある日、薬研堀埋立地に心臓を一突きにされた男の死体が捨てられていた。上等な着物にそぐわぬ入墨が手がかりとなり、上総姉ヶ崎生まれの岩吉と身元が判明。着物は薪炭問屋松田屋が湯屋で盗まれたものだった。岩吉は松田屋と間違えられたのではないか(「師走の湯」)。江戸市井の人々の哀歓を描く人情捕物帳傑作。

  • 550(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 6pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。