平均評価(4.0 レビューを見る
たとえば母が (2)
  • 完結

緑川家はキャリアウーマンの母・美晴と大学生の息子・正樹の二人暮らし。母子家庭ということ以外は仲のいい平凡な親子のはずだった。しかし、美晴は正樹の親友と恋に落ち、男女の仲になってしまう。一方で次第に母を「女」として意識しはじめる正樹…。友情と母子関係の破綻の先にあるものとは…!?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: たとえば母が (2)
  • 著者名: 艶々
  • eBookJapan発売日: 2009年12月25日
  • 出版社: 双葉社
  • 連載誌・レーベル: 双葉社
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 193ページ
  • 立読ページ数: 17ページ
  • ファイルサイズ: 31.6MB
  • 関連ジャンル: ダイナマイツコミックアクションピザッツ
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

ユーザーのレビュー

一覧を見る

匿名希望

(4.0)

投稿日:2015年03月12日

かなり強烈な熟女エロ漫画です ネタバレあり

まずエロの属性としては熟女、寝取られ属性が非常に強いのですが
母寝取られの巨匠、山文京伝の影響を受けて描いたと言うだけあり、『堕ちる』心理描写や、最も身近な母親という存在を自分と同じ年の男や自分より巨根の男に『堕とされた』憔悴感、そしてそれにより母を女性として意識してしまう興奮をエロ漫画では異例の6巻完結と言う長さでしっかりと描いており、いわゆるマジカルチンポによるお手軽寝取られ作品とは完全に一線を画しています。
しかしながら息子の心理描写に比して、最終的に肉欲に溺れながらも母として、女として両面で息子を選んだ母の心理は(私が男性なのも有るかもしれませんが)やや唐突に感じる感も有り、ストーリーは満点とは言い難いのですが、エロとしては退廃的・背徳的なエロスが非常に素晴らしく感じる面も有り、やや評価に迷います。
絵柄はあまり新しくは有りませんが、だらしなくもエロい熟女の体をしっかりと描けており表紙を見て気に入ったなら十分実用に耐える物であると思いますが、やはり熟女、母、寝取られと言うのはかなり人を選ぶ要素であると思います。
しかしそれだけ人を選びそうな属性でありながら、この作品なんとエロ漫画としては珍しく実写AV化されてるんですよね、逆に言えばこれらの属性を持つ方にとってはそれだけ需要を満たせるだけのクオリティを持った作品と言う事でしょうか。
  • 参考になった 5

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。