レビューはありません
新太閤記(四)

戦国の世を疾駆する男たちの傑作長篇の完結篇。柴田勝家を筆頭とする反秀吉派を一掃して、天下人への道をさらに進めた秀吉の唯一の不安は徳川家康の存在であった。小牧、長久手の戦いで両者はついに対決、しかし秀吉の敗北にもかかわらず、家康は秀吉に帰服し、長かった戦国時代の幕はおりた。主君信長の果たせなかった天下統一へと駒を進め、比類のない栄耀に浸る秀吉。しかし次第に穏やかならざる不安が湧き上がり、それを払拭しようと侵略の矛先を朝鮮へと向けはじめる……。

  • 600(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 6pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。