平均評価(4.0 レビューを見る
エリア88 (8)
  • 完結

神崎率いるプロジェクト4に操られた反政府軍の猛攻が、いよいよアスラン首都に及んだ! 首都陥落による政権交代で逆賊となったエリア88メンバー。保身のため逃亡を図る傭兵たちのなかで、真やミッキーはサキとともに戦う道を選ぶ。捕虜となった敵傭兵セラを混乱に紛れ逃がした真は、彼女に恋人涼子への伝言を託す、「風間 真は死んだ」と。最後の決戦を覚悟する真、しかしサキは極秘任務を命じた…。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

一覧を見る

 アスランと言えば、『機動戦士ガンダムSEED』とか『ナルニア国物語』ではなく、当然『エリア88』が出てくる33歳です。『エリア88』に登場するアスランは、中東にあるとされる架空の国の名前。アスランを舞台に空を飛び戦うことしか許されない男たちの生き様はいまだにオッサンたちの心を熱くするのです。
 主人公・風間真は日本人。アスラン王国に雇われた戦闘機パイロットとして、空軍基地エリア88に駐留しています。もともとは大和航空の旅客機パイロットとして将来を嘱望されていたのですが、親友の神崎悟の姦計により、大和航空令嬢で恋人の涼子を置いたまま外人部隊に入隊することになります。
 シンとアスラン王国との契約は3年間。3年間生き残り、契約を満了するか、違約金150万ドル(当時のレートで日本円3億円)を支払わなければエリア88からは脱出できません。シンはかつての親友・神崎への復讐と愛する涼子のため、この地獄を生き抜く覚悟を決めます。
 エリア88にはシン以外にも、、脛に傷持つ男たちが多く集まっています。シンの盟友・ミッキーはベトナム戦争時にアメリカ海軍のパロットとして活躍しましたが、復員後の平和な日常に馴染めずエリア88に来てしまいました。対地攻撃を得意とするグレッグはソビエト連邦からの亡命者の運び屋をしていましたが、ある事件がきっかけでエリア88に流れ着いてきました。歴戦のパイロットそれぞれに事情があります。
 『エリア88』の面白い所は、やはり彼らが正規軍人ではなく傭兵であるところです。彼らは国や軍を守るためではなく、ただ自分のために戦います。罰金を払うことで、ある程度の任務の選択もできますし装備の選択も自腹で自由。生き残るために装備を整えれば違約金まで遠くなりますが、怠ればすなわち死…。自身の能力・装備と、任務の難易度を天秤にかけるのです。
  物語は、エリア88の個別の作戦から、やがて世界を支配する軍産複合体・プロジェクト4の陰謀まで広がります。傭兵個人の想いを描きながらも大きな大きな物語が展開し、綺麗に完結するという、稀有な名作なのです。
 また、忘れてはいけないのが、松本零士作品とも通じる“漢ポエム”があります。「頭上をかすめる排気音…青く輝く誘導灯…地獄を照らす着陸灯…その日、悪魔は“生きろ!”といった…」ハードな物語を彩る、青臭さを超越した名言の数々は、日々、板挟みにあえぐサラリーマンにも意外と通じている気がします。苦しいときに、『エリア88』の名言を思い出して踏ん張っている僕は、色んな意味でどうかしているような気がします。
  • 参考になった 10

ユーザーのレビュー

一覧を見る

細部細やかな新谷作品・・・・その実大雑把!

先日アニメを観る機会があって今レビュー(^_^;)。
結論から言うと凄い作品です。
色んな意味で(-_-;)。
序盤はそりゃ戦闘機乗りの男が織りなす濃密なドラマが展開されて、その繋がりは終盤まで持続されます。
が、
展開は中東の王家戦争に名を借りたほとんど「宇宙戦艦ヤマ○」です(-_-;)。
先述にハイテクが絡んできて死の商人が参入して、
・・・・・・ネタバレになるので言えませんが「なんぢゃこらぁ」な組織や兵器がどんどこ出てきて殆ど中東関係なくなって仕舞いには原子力空母と戦略爆撃機の対峙すら。
「当初の戦場ドラマどこいった(゚Д゚)?」
ってツッコミ入れずには居られない飛躍ようです。
それでも読んでいけるのは新谷節満載な個性派キャラの巧妙な絡みでしょう。
この方の作品、序盤はコレでイケそうだと読んでいっても雑誌側の要望か、キャラの振幅が不要にコメディーになったり展開がすっ飛んだりと、渋い話が台無しになることがままあるのが残念です。
(最初からぶっ飛んだ作品は自然に面白いです)
ただ、だから面白いんですけれどね(^_^;)。
~なお、冒頭でアニメ観たと言いましたが、この作品はその外連味を一切削った秀作だったので、却って原作が不自然に思えてしまいました(-_-;)。
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。