レビューはありません
携帯電話 隠された真実

身体から離して使用してください――。取扱説明書にこうした警告を載せるところもある。携帯電話を使用することによる、脳腫瘍リスク、生殖能力低下、DNAへの悪影響、脳機能低下を慎重に検証。企業が一部科学者と結託して隠し続けた科学的な真実を白日の下にさらす1冊。世界中で携帯電話は約50億台使われているという。携帯電話が一般的に使われるようになったおかげで、外出先で手軽にできるようになったことは山ほどある。緊急事態でも連絡がとれる、外出先でもメールが送れる、株価やニュースをチェックできる、銀行振り込みができる……。もはや、携帯電話をもっていない人を見つけることのほうが難しいくらい、生活していく上でなくてはならないものとなっている。非常に便利で、害があるようには思えない。携帯電話を使って救急車を呼ぶことはあっても、携帯電話が原因で救急車のお世話になるなんてとても信じられない。しかし、携帯電話は安全ではないかもしれない。実は、危険性も、安全性も確認されていないのだ。本書は、携帯電話が発する放射線・電磁波が人体に与える影響を科学的に解説しつつ、その影響がなぜ広く知られていないのかについても述べていく。巻末には、携帯電話の放射線・電磁波から身を守るための方法なども解説され、至れり尽くせりの1冊である。

  • 1900(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 19pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。