レビューはありません
彼女を言い負かすのはたぶん無理 3

学校に無断で公開ディベートを行ったため、九重崎アイラは自宅謹慎処分に。部活はアイラ抜きの状態で行われ、桜井祐也と橘詩織が急接近していく。徐々に自分が桜井のことを好きであると自覚するようになる詩織。しかし、詩織は今の生活が楽しいし、告白することで関係が壊れることが怖い。それに、アイラの気持ちにも気がついているため、裏切るようなことはできず、告白できずにいた……。そんな三角関係を、要所で「ディベート」を絡ませながら描くディベート・ラノベ第3巻!

  • 556(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 6pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。