外交 VOL.24

429円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

「外交」誌は、研究者、ビジネスパーソン、学生など、国際政治に関心を持つ人を主たる読者層とする我が国唯一の外交専門誌。●巻頭グラビア●目次●巻頭言「草木国土悉皆成仏」の思想梅原猛(哲学者)●巻頭論文わが「国家サイバーセキュリティー戦略」エルッキ・トゥオミオヤ(フィンランド外務大臣)●外交論文コンテスト「日本外交、私の提言」選考結果発表●特集1ユーラシアTRIMと安倍外交●総論安倍流「遠交近攻」外交の罠●日本外交に重要な安定要因・トルコ山内昌之(明治大学特任教授・フジテレビ特任顧問)●ロシアの太平洋戦略と安倍外交下斗米伸夫(法政大学教授)●したたかなインド外交の長期戦略思考堀本武功(京都大学大学院特任教授)●特別な日印関係、一層の強化をシャムシャド・アフマド・ハーン(インド世界問題評議会研究員)●中ロとのバランサー「第三の隣国」への期待―モンゴルソドブジャムツ・フレルバートル(駐日モンゴル特命全権大使)●アメリカ政治アネクドート小谷部一郎(在米ジャーナリスト)●資料ユーラシアTRIM資料●映画紹介●特集2東日本大震災から3年●「オールハザード」の災害対応システムをレオ・ボスナー(グローバルレジリアンス研究所訓練・教育・研究部長)●被災地の現在と、これから畠山重篤(牡蠣養殖業・NPO法人「森は海の恋人」代表)●フィリピン国際緊急援助活動報告「オペレーション・サンカイ」を指揮して佐藤壽紀(海上自衛隊第4護衛隊群司令海将補)●多国間枠組みに進化した「トモダチ作戦」II笠松誠(防衛省陸上幕僚監部防衛部防衛課国際防衛協力室長一等陸佐)●提言3・11大震災の「敗北」を抱きしめて―原子力安全文化の醸成に向けて大島賢三(原子力規制委員会委員)●マンガをみれば世界がわかる西川恵(毎日新聞専門編集委員)●特別企画サイバー戦争の実相●匿名性の脅威―超「国家主義」の挑戦鈴木美勝(時事通信解説委員)●サイバー問題における国際法の課題岩本誠吾(京都産業大学教授)●サイバー戦争の幻想と現実名和利男(サイバーディフェンス研究所理事上級分析官)●日本が標的となるサイバー戦争山本一郎(イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役)●Viewpoints●米中「新型大国関係」の虚実と日本加藤洋一(朝日新聞編集委員)●台湾政局と「新型大国関係」に揺れる中台の行方金子秀敏(毎日新聞専門編集委員)●「危険で予測不能な指導者」金正恩は先代を越えられるか五味洋治(東京新聞編集委員)●米中関係のルーツをさぐる毛沢東とエドガー・スノー譚ろ美(ノンフィクション作家)●外務省研究―プロの復権戦争と平和、そしてマリコ●音楽と外交U2「ウォーク・オン」小栗勘太郎(音楽愛好家)●ニュース裏読み深読み中国、歴史の文脈から考える河内孝(ジャーナリスト)●ニュース裏読み深読み米国は正直な仲介者たり得るか伊奈久喜(ジャーナリスト)●映画と戦争西部劇の変容藤原帰一(東京大学教授)●苦言賞賛日中関係の未来を語り合おう竹内明(TBS報道局)●外交の“要諦”小倉和夫(青山学院大学特別招聘教授)●古典読みかえし『寺田寅彦全集』寺田寅彦著池内了(総合研究大学院大学教授・同大理事)●書評Japanese言葉・イメージ・論理による戦争村田晃嗣(同志社大学学長)●書評English米保守派知識人による歴代大統領の「通信簿」高濱賛(在米ジャーナリスト)●書評Chineseソ連74年史の実証的研究に見る中国の一定の進歩坂井臣之助(ジャーナリスト・翻訳家)●WORLDNEWS米国で影響力増す韓国系ロビー西垣雄一郎(時事通信ワシントン特派員)●クールジャパン模範に外交展開―イスラエルのゆるキャラ作戦池滝和秀(時事通信外信部記者)●映画で読み解くアメリカ文化家族とは何か―「そして父になる」が米国に投じた一石平野共余子(映画史研究家)●特別寄稿アフリカ諸国への期待―安倍首相アフリカ訪問に同行して三原朝彦(衆議院議員)●投稿欄災害外交の確立と実践―国益を国際公益に昇華する柳淳(東北大学教授)●2014年世界の動き日本関係・その他●2014年世界の動き国際関係●外交日誌●バックナンバーズ●英文目次●奥付●表3●表4

無料立ち読み(13ページ)

カゴに追加 429 円(税別)

「外交」誌は、研究者、ビジネスパーソン、学生など、国際政治に関心を持つ人を主たる読者層とする我が国唯一の外交専門誌。●巻頭グラビア●目次●巻頭言「草木国土悉皆成仏」の思想梅原猛(哲学者)●巻頭論文わが「国家サイバーセキュリティー戦略」エルッキ・トゥオミオヤ(フィンランド外務大臣)●外交論文コンテスト「日本外交、私の提言」選考結果発表●特集1ユーラシアTRIMと安倍外交●総論安倍流「遠交近攻」外交の罠●日本外交に重要な安定要因・トルコ山内昌之(明治大学特任教授・フジテレビ特任顧問)●ロシアの太平洋戦略と安倍外交下斗米伸夫(法政大学教授)●したたかなインド外交の長期戦略思考堀本武功(京都大学大学院特任教授)●特別な日印関係、一層の強化をシャムシャド・アフマド・ハーン(インド世界問題評議会研究員)●中ロとのバランサー「第三の隣国」への期待―モンゴルソドブジャムツ・フレルバートル(駐日モンゴル特命全権大使)●アメリカ政治アネクドート小谷部一郎(在米ジャーナリスト)●資料ユーラシアTRIM資料●映画紹介●特集2東日本大震災から3年●「オールハザード」の災害対応システムをレオ・ボスナー(グローバルレジリアンス研究所訓練・教育・研究部長)●被災地の現在と、これから畠山重篤(牡蠣養殖業・NPO法人「森は海の恋人」代表)●フィリピン国際緊急援助活動報告「オペレーション・サンカイ」を指揮して佐藤壽紀(海上自衛隊第4護衛隊群司令海将補)●多国間枠組みに進化した「トモダチ作戦」II笠松誠(防衛省陸上幕僚監部防衛部防衛課国際防衛協力室長一等陸佐)●提言3・11大震災の「敗北」を抱きしめて―原子力安全文化の醸成に向けて大島賢三(原子力規制委員会委員)●マンガをみれば世界がわかる西川恵(毎日新聞専門編集委員)●特別企画サイバー戦争の実相●匿名性の脅威―超「国家主義」の挑戦鈴木美勝(時事通信解説委員)●サイバー問題における国際法の課題岩本誠吾(京都産業大学教授)●サイバー戦争の幻想と現実名和利男(サイバーディフェンス研究所理事上級分析官)●日本が標的となるサイバー戦争山本一郎(イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役)●Viewpoints●米中「新型大国関係」の虚実と日本加藤洋一(朝日新聞編集委員)●台湾政局と「新型大国関係」に揺れる中台の行方金子秀敏(毎日新聞専門編集委員)●「危険で予測不能な指導者」金正恩は先代を越えられるか五味洋治(東京新聞編集委員)●米中関係のルーツをさぐる毛沢東とエドガー・スノー譚ろ美(ノンフィクション作家)●外務省研究―プロの復権戦争と平和、そしてマリコ●音楽と外交U2「ウォーク・オン」小栗勘太郎(音楽愛好家)●ニュース裏読み深読み中国、歴史の文脈から考える河内孝(ジャーナリスト)●ニュース裏読み深読み米国は正直な仲介者たり得るか伊奈久喜(ジャーナリスト)●映画と戦争西部劇の変容藤原帰一(東京大学教授)●苦言賞賛日中関係の未来を語り合おう竹内明(TBS報道局)●外交の“要諦”小倉和夫(青山学院大学特別招聘教授)●古典読みかえし『寺田寅彦全集』寺田寅彦著池内了(総合研究大学院大学教授・同大理事)●書評Japanese言葉・イメージ・論理による戦争村田晃嗣(同志社大学学長)●書評English米保守派知識人による歴代大統領の「通信簿」高濱賛(在米ジャーナリスト)●書評Chineseソ連74年史の実証的研究に見る中国の一定の進歩坂井臣之助(ジャーナリスト・翻訳家)●WORLDNEWS米国で影響力増す韓国系ロビー西垣雄一郎(時事通信ワシントン特派員)●クールジャパン模範に外交展開―イスラエルのゆるキャラ作戦池滝和秀(時事通信外信部記者)●映画で読み解くアメリカ文化家族とは何か―「そして父になる」が米国に投じた一石平野共余子(映画史研究家)●特別寄稿アフリカ諸国への期待―安倍首相アフリカ訪問に同行して三原朝彦(衆議院議員)●投稿欄災害外交の確立と実践―国益を国際公益に昇華する柳淳(東北大学教授)●2014年世界の動き日本関係・その他●2014年世界の動き国際関係●外交日誌●バックナンバーズ●英文目次●奥付●表3●表4

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 外交 VOL.24
  • 著者名: 外交編集部
  • eBookJapan発売日: 2014年04月04日
  • 出版社: 時事通信出版局
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 173ページ
  • 立読ページ数: 13ページ
  • ファイルサイズ: 39.5MB
  • 関連ジャンル: マガジン総合誌一般誌
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。