ユーザー評価なし レビューを見る
封印再度 WHO INSIDE
  • 完結

50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、現在にいたるまで誰にも解かれていない。そして今度は、林水が死体となって発見された。2つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。

  • 650(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

たまには小説を紹介しようと思いまして、取り上げたのが本作。納得してくれる人も多いと思いますが、この作品は著者のこれまでの最高傑作だと思っております。初めてこの本を読んだ当時、私はジェフリー・ディーヴァ―のリンカーン・ライムシリーズ(クソ映画にもなった「ボーン・コレクター」など)を読んでいて、推理小説のミスリード手法に敏感になっていました。そんな折、友人に勧められ、この「S&Mシリーズ」を読み始めたのです。で、慎重に伏線なども押さえて読み進めていたのですが、毎度やられた!となることの連続。そしてこの作品ではもう、「あぁ~」と情けない声が出てしまいましたよ。いつもと違うなと思った時点でひっかかっていたんですね。山奥の山荘で見つかった姉妹の変死体。ひとりは明らかに他殺で死体は密室の中にあった…。このトリックに集中していたのが敗因でした。ここでひとつ忠告。「S&M」シリーズは1作目から必ず読むこと。『すべてがF~』『冷たい~』『笑わない~』『詩的~』『封印再度』『幻惑の~』『夏の~』で本作の順。これ、絶対守ってください。(2010/10/29)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。