ユーザー評価なし レビューを見る
学・経・年・不問

証券会社の辣腕営業マン・伊地岡と電機メーカーの窓際族・野呂は高校の同級生。伊地岡は痩せ型長身、人一倍せっかちで努力家な男。対して野呂は小太りで、何ごとも気にしないのんびり屋。正反対なのに気の合う二人が、学歴・経験・年齢ともに不問の、シビアなセールスマンに転職。それぞれ対照的な<オレ流>で、ベッドの訪問販売合戦を繰り広げる!非情なビジネスの世界で生き残るために必要なものは何か?経済小説の巨星がユーモラスに描く、愛すべき男たちの物語。

  • 583(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 6pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: 学・経・年・不問
  • 著者名: 著:城山三郎
  • eBookJapan発売日: 2013年03月22日
  • 出版社: 文藝春秋
  • 連載誌・レーベル: 文藝春秋の本
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 480.8KB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸文藝春秋の本
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

一覧を見る

気骨ある男をテーマとすることの多い城山三郎作品としてはけっこう異質な小説です。昭和40年代のサラリーマン生活が温かな眼差しで描かれています。主人公は転職によってベッド会社でともにセールスマンとして働くことになった高校の同級生二人。何事にも積極的でいけいけの伊地岡と無理をせずにマイペースの野呂。対照的な性格の二人は、それぞれの持ち味を生かしながら、ベッドの売り込みに精を出す日々を送る。そんな二人をサラリーマンの典型として応援しているようなストーリー展開で、肩の力を抜いて楽しめる佳作です。城山三郎は、夫の故郷である青森に老父を訪ねた野呂の妻にこんなことを言わせています。老父は裸電球の灯る八甲田山麓の家でひとり悠々と暮らしをたてている。「学歴も経験も年齢も関係ない。ここには、ただの人生が、人生そのものが在るのね」人生にとって何が大切なのか。城山三郎の確かな生き方がここに表れています。(2010/3/5)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。