ユーザー評価なし レビューを見る
デブになってしまった男の話 (3)
  • 完結

元イケメンの稲葉大介による超ダイエット生活は進行中。さらに同僚の白石から、“断食道場”なるものを勧められ大介は飛びつく。ゴールデン・ウィークを利用して道場に足を踏み入れた大介だが……待っていたのは想像を遥かに超えた壮絶なダイエット生活だった――。泣いて笑って、デブになってしまった男の話は素敵にフィナーレ!でもってオミちゃんとは出逢えたの!?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

肥満を恐れて「ダイエット」という言葉に過敏に反応する女性は、数多いと思います。ある日、気づいたら体重が10キロも増えていたなんてことがあったら、卒倒してしまいかねませんね。『デブになってしまった男の話』(漫画:高倉あつこ 原作:鈴木剛介)は、交通事故で入院していたら一ヶ月の間に30キロも太ってしまった元イケメン会社員稲葉大介の話。70キロの体重が一挙に100キロオーバーしてしまったのですが、その理由が彼女からフラれてボーっとしていたら運転の操作ミスで事故を起こし、ヤケ食い状態の結果そうなりました。失恋から激太りという陥りがちな連鎖コースを一直線にたどったというわけです。短期間に激太りすると何が起こるかというと、あまりの変身ぶりに他人が気づいてくれないということです。このマンガを読んで面白かったのは、激太りしたことによって、稲葉がわれに返ってアレコレ猛省することです。詳述は避けますが、イケメンでモテモテだった自分がいかに「高みから見ていた」ことに気がつくわけです。ある究極の目的を胸に秘めて、元の姿に戻りたいと願う稲葉はあらゆるダイエットに果敢にチャレンジするのですが…。後半部分は「おいおい、それありかよ!」と、ツッコミを入れたくなる展開です。あっ、今日はバレンタインデー!オラもチョコの食べ過ぎに注意しなくっちゃ、なんてね。(2012/2/14)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。