平均評価(3.7 レビューを見る
アカギ (28) 生滅の闘牌

深夜の雷光に傲然と浮かぶ白髪の青年。幾度となく死の淵まで誘ったものの未だ黄泉へ堕ちることなく、不敵な眼差しでこちらを射る。それは彼岸の闇の向こうの光のトンネルからの眼差しだ。我は王なり。なん人たりとも我を怯えさせるものはない。数え切れぬ人々が我に許しを乞い、崇め、媚び、ひれ伏してきた。お前も額ずけ、しかしながら、気がつけば当方が冥府のとば口に佇んでいる。誰だお前は。――後に神域の男と呼ばれ、裏社会に君臨する赤木しげるだった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: アカギ (28) 生滅の闘牌
  • 著者名: 福本伸行
  • eBookJapan発売日: 2015年05月22日
  • 連載誌・レーベル: 近代麻雀
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 211ページ
  • 立読ページ数: 18ページ
  • ファイルサイズ: 176.7MB (Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨します)
  • 関連ジャンル: ベストセラー長編マンガ青年マンガ個性派ギャンブル近代麻雀
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~31件/31件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(4.0)

投稿日:2016年08月19日

7巻までは面白い(星は7巻までの評価)

なぜ7巻かというと、それ以降は話のテンポが落ちるから。
現在30数巻まで刊行されてますが、8巻以降では1人相手にだらだら続けていて、密林では1巻星4に対して30巻星1と言えば察して貰えるかと。
多分この作者は同じ作品を長く続けてはいけないタイプなのでしょう。
なので最近のアカギの評判は悪いです。個人的にもさっさと進めて終わりにしろと言いたい。けれど初期(~7巻)までは引き込まれるほどに面白いしサクサク話が進んでグッド。
麻雀漫画の系統としてはイカサマ・心理系麻雀漫画。
初期は割とイカサマで8巻以降はイカサマを作者自ら封じて完全心理戦に持ち込みましたが、途中からグダグダに・・・。
ちなみにアニメ版もオススメ。どちらかというとアニメの1話~2話をちょっと見てから購入するかを考えたほうが良いかも。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。