レビューはありません
いのちはどこからきたの?

〈9歳までに伝える「誕生」のしくみ〉「性」が商品化され中絶・性感染症の危険が多い昨今。どのようにして、子どもたちに性教育をすればいいのでしょうか?『いのちはどこからきたの?』はバース(出産)コーディネーターが、人格や自尊心、命の尊厳を子どもたちに伝える「いのちの教科書」。心が生き生きすると書いて「性」。性は、隠すことでも、いやらしいことでもないのです。「話さなくていい」から「話したい!」へ変わる新時代の性教育。ごまかさないで「正しく、ロマンチックに」語る。それは、親から子への最高のギフト。巻末には親子で読める絵本つき。是非お子様と一緒にお楽しみください。【目次】■パートI「いのちの話」がステキな「ギフト」になる理由■パートII「食卓」と「性」をつなぐ子育て■パートIIIこんなときどう話す?Q&A集【本書の内容から】◎性の話なんてしなくても大丈夫、の落とし穴◎「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」の答え方◎母親が男の子に話すなら「お風呂」がチャンス!?◎「コウノトリが運んでくる」と教えてはいけない理由◎さりげなく話すきっかけのつかみ方・作り方◎「セックスって何?」と突然聞かれてもあわてない会話法【著者紹介】大葉ナナコ中学から高校、短大までの8年間を美術教育課程を進み、高校生の頃にモデルとして活動。短大卒業後はテレビ番組制作や出版関係の仕事に従事。1987年の第一子出産、育児経験への感動を契機として出産、育児のトータルコーディネーターとしての活動を始める。5児の母であり、「趣味は出産、特技は安産」。※本書籍は『いのちはどこからきたの?』(情報センター出版局刊)をもとに制作されました。

  • 667(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: いのちはどこからきたの?
  • 著者名: 大葉ナナコ
  • eBookJapan発売日: 2013年02月08日
  • 出版社: 情報センター出版局
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 1.8MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 子育て
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。