レビューはありません
百花繚乱

「イオリのコト、自分で殴りたくなんてなかったなあ」と、愛しいものでも見るような切なげな目つきで見上げ、ため息をついて呟く七海。そんな彼に「アンタ、笑ってたほうがいいカオするよ」と応ずる伊織。180センチ70キロの新入生伊織と、同じ高校の儚げな美少年七海の最初の出会いは、桜吹雪舞う入学式だった。正統派スポーツ小僧で無口な伊織と、初対面から度外れてなれなれしい言動の七海。およそ異質と思いきや、二人は不思議と磁石のように引き合い、友情とはいえない危うい気持ちが湧きあがってくる。だが、花がほころぶような笑顔の七海は見かけ通りの少年ではなかった。全く別の顔をもつ七海と、伊織は心ならずも立ち会うハメに!?表題作のほか、教師と生徒の恋愛模様を描く「落花流水」、幼なじみの二人の届きそうで届かない恋心が印象的な「万華鏡」を収録。いずれも甘美さと残酷さが共存する、青春小説ならではの味わいだ。

  • 850(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 9pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。