レビューはありません
春闇の情深き体~春ちゃんシリーズ

今宵限りの京美人、雛瀬春実(ひなせ・はるみ)は、一夜の相手に「割りきった遊びができるのが、あんたの取り柄や」そして「俺の取り柄でもあるんや」と別れの朝に告げる。黙ってうなずく相手。双方のその態度は、いわば遊び人たらんとする者の紳士道(?)であると、二人を取りもった子猫には分っていたのかもしれない好編『ネコの海岸物語』。そして、同時収録作『ほほえみを咲かせて』には、こんな会話が登場する。「ミィは、情の深い体になったなぁ……」。血縁はないものの親戚筋にあたる哲兄ちゃんこと哲彦と同床し、そうささやかれた時、春実は「それ…最高の…誉め言葉や…」と応じる。なぜならそれは、真にひとを愛した経験のある者しか持ちえない、いわば恋の形見であるカラダにのみ、ふさわしい形容だったから--。旧家に生まれ、男たちをとりこにする伝説の美女顔「雛瀬の顔」をもつ青年、春実の恋と秘められた過去を描くシリーズ第三弾!

  • 850(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 9pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。